失敗しない家の塗り替え ぶっちゃけ外壁塗装って必要なの?

家を建てて10年過ぎた辺りから、そろそろ外壁塗装や屋根の塗替え塗装って必要なのかなって
思っていた矢先に、どこで調べたのか、塗装業者からのDMや電話でのセールスあるいは、訪問セールスが来たって経験があるのは私だけでしょうか?

今のところ雨漏りするわけでもないし、ぶっちゃけこのままでも良いのではって思ったりしていませんか。

結論から言うと外壁の塗り替えは必要です。

大事な家を年中守ってくれている外壁や屋根は、年中、雨風や紫外線にさらされながら
時間とともに確実に劣化しています。

塗り替えずそのまま放置しておくと、雨水が家の中に浸透して柱や梁などの家の大事な躯体を傷めてしまって、莫大な修繕費用が嵩んでしまうこともあります。

塗り替えが必要なのは分かったけど、ちょっと考えただけでも、色々気になることだらけ。
外壁塗装のことって大事なことなのに、知らないことだらけですよね。

そこで、このサイトでは、塗装のタイミング、正しい業者選びなど、失敗しない外壁塗装のための情報を纏めてみました。

もしあなたが私と同じように家を建てて10年前後で家の塗り替えが気になっているのなら参考にしてみて下さい。

1.そもそも何で外壁塗装しなきゃいけないの?目的って?

第一には家を守ることです。

人間の体なら、外気にさらされて劣化したり傷んだ皮膚も新陳代謝で常に体の表面は新しい皮膚が形成されて私たち人間の体を守ってくれていますが、構造物である建物は自身の力で新陳代謝することは決してないので、雨風や紫外線にさらされた外壁は時間とももに劣化していきます。

塗料の種類や塗装の仕上がりなどで劣化のスピードは変わったとしても劣化を避けることは出来ないのです。

経年劣化により壁の表面が傷んだり、ひどいとヒビが入ってしまうこともあります。そうなると雨水が浸透して家そのものの躯体が傷んでしまいます。

100万円かかる外壁塗装を渋ってしまったためにそうなってしまったら、家そのものの修復で500万かかってしまったなんてなったら、目も当てられませんよね。

そうならないために家は定期的に塗り替えが必要なんです。

第二には、家を綺麗に見せることがあげられます。

色がくすんでしまった壁を塗り替えることによっていつまでも綺麗にみせたり
塗り替えを機に、今までと違った色に塗り替えてリフレッシュさせることも出来ます。

ある程度高い塗料を使ってなるべく塗装のスパンを長くしたいと考える人も多いと思いますが
あえて、そんな高くない塗料を使っても短いスパンで塗り替えをしてモデルチェンジを楽しむっという考えもありなのではないでしょうか。

2.塗り替えのタイミングっていつなのか?塗り替えの信号(サイン)ってあるの?

一般的には10年に1度が理想的と言われています。
もちろん、材質や環境によってもタイミングは変わってきます。

塗り替えの目安

第一段階:チョーキングが現れたタイミング

チョーキング(白亜化現象)とは、壁を手で擦った時に、手にチョークの粉のような、白い粉が付く現象のことです。

これは、外壁の表面が劣化して塗膜が剥がれてきたために起きます。
チョーキング現象は、緊急性は高くはありませんが、そろそろ塗り替えした方がいいかなといった感じるサインとなります。

余談ですが、悪徳業者の中には、このチョーキング現象を誇張して、今すぐ塗り替えしないと大変になると、慌てさせて契約に畳み込もうとします。

このようなことを言う業者は悪徳業者のサインととらえて、相手にしないのが一番です。

第二段階:ひび割れ

ひび割れから雨水が浸透して構造体を腐らせてしまうので、もし、ひび割れがある場合は、早めの塗り替えが必要です。

第三段階:塗装のはがれ

ひび割れ以上に直接的に構造体にダメージを与えるため、塗り替えは緊急を要します。

実は、この塗装の剥がれは、経年劣化による場合というより、施工不良による影響のケースが多く新築後や塗装後数年で発生する場合もあります。

3.塗り替えに適した時期(季節)ってあるの?

よく梅雨時は、塗装は良くないと言われますよね。
何となく、塗料に雨が混ざるのって良くないんだろうなって気がしますよね。

それでも、中にはこの塗料は水性塗料だから、雨でも問題ないと言って強行に雨の日に施工する悪徳業者もいるので、はっきりと理由を知っておく必要がありますね。

雨が良くない理由としては、

1)雨水が塗料に混入すると、キレイな仕上がりにならない

2)雨水で塗料が必要以上に希釈され塗料の耐久性が早まる

3)重ね塗りが雨で上手くできない

特に下塗りの段階で雨が降ると中塗り、上塗りの塗料が、うまく行かなく、塗料が剥離しやすくなります。

また、雨が降らなかったとしても85%を超える湿度の日は、塗料が乾燥する段階で塗膜の表面が白くぼけて塗膜が上手く作れなくなります。

その他の気象条件として、高温時、低温時、強風時も避けた方が良いです。

このような条件をみると、気候の安定した10月から11月頃がベストな季節といえますね。

4.塗り替えの費用っていったいいくらかかるのか?

外壁塗装の費用は一般的な一戸建てなら30坪で100万から120万といったところです。

塗料のグレード(耐久性)だったり、建物の構造や塗装面積によって、変わってきます。

決して安い金額ではないので、そのまま放置してしまいたいと思ってしまうかもしれませんが
放っておけば、建物自体が傷み、更に費用が嵩んでしまいます。

手持ちがない場合は、リフォームローン等低金利のものを利用して適切な時期に
塗り替えすることが肝要です。

5.どこに塗り替えをお願いすれば良いの?塗装業者の選び方ってあるの?

ハウスメーカー、リフォーム専門会社、地元の塗装工事店、訪問セールで契約した工事業者。
こういったところでしょうか。

この中から最適な業者を選ぶには何をポイントに選択するべきか悩むところです。

1)値段で判断するのって正しい選択?

結論から言うと、価格て判断するのは凄く難しいです。

家電品なら規格や仕様がはっきりしているので、型番を言って値段を提示してくれた中で一番安い金額のお店から購入すればいいのですが、塗装は、全く同じものが提供されるわけではないので、安いから良いというものではないんですよね~。。。

また必ずしも安いから悪いともいえないし、高いから良いとも言えない。
ってところが、選ぶ側からするととても悩ましいですね。

高いお金を支払ってもらっているんだからしっかりした仕事をしようと思っている志の高い業者さんもたくさんいますが、現場の職人さんがそう思っていても、コストを抑えるために施工会社の管理者から早く終わらせろと言われてしまうと、職人さんは、納得の出来る十分な仕事が出来ないこともあります。

逆に会社の管理スタッフがいい仕事を提供しようと思っていても、現場の職人が必ずしもそうは思ってくれておらず、現場に上手く思いが継承されず、良い仕事をしてくれないってこともあるんですよね。

ホント悩ましい。。。

但し言えることは、原価を割るような極端に安いところは、明らかにどこか手抜きしたり、文字通り塗料に必要以上の水を入れて文字通り水増しして原材料費をケチっていたりするので避けるべきです。

また極端に高いところも避けた方が無難です。

2)保証期間より社歴の長い会社

一つの目安として、保証期間より社歴や業務歴の長い会社を選ぶ。

これはどういうことかというと、保証が付いていて保証をしてくれると言っても、施工業者が倒産したのでは全くもって意味がありません。

今のご時世、安定した業者を選択するのは正直難しいですが、保証期間より事業実績の長い会社を選ぶことで業者の安定性を確認する一つの方法になると思います。

3)第三者の立場で選定できる人にお願いする。

正直、個人レベルで業者を選定するのには限界があります。
そこで第三者の立場で、塗装業者を選定できる人に依頼することがあげられます。

6.悪徳業者に騙されないにはどうすればいいの?

外壁塗装はクレーム産業と言われています。
何故、そうなのかというと、免許制度の適用外だからです。

500万円以下の工事には免許がなくても参入できるため、悪徳業者であっても自由に開業出来てしまうのです。

そのため、悪徳業者が多くはびこっているのです。
そんな手練手管の悪徳業者にとって、築10年目で初めて塗り替えをしようと思っている塗り替えに疎い一戸建てオーナーは格好の餌食なのです。

あなたがそんな悪徳業者に騙されないようにするためには、その手口を知る必要があります。

1)緊急性を煽る

別のところでも言いましたが、突然やってきて、壁面のチョーキングを示して直ぐにでも工事しないと大変なことのなると煽る業者は間違いなく悪徳業者です。

その業者を断っても仮に本当に緊急性があったとしても別の業者に頼めばいいので、そのような業者は避けましょう。

2)極端に安い見積を提示

よくあるのが、近くで塗装工事をやっていてそのついでに出来るので今なら凄く安く出来るなんて言ってくる業者です。

近くの別のお宅をやっているからといって、近くの家が安くなる論理的で明確な理由がありません。

またその他の理由で言ってくる業者であっても、通常価格の半額とか、あり得ない金額提示の業者はどこかで手抜きするか、材料費を安くするのに3回塗るべきところを2回で済ませたり、希釈量を増やして文字通り水増しする業者も悪徳業者です。

工事の工程を誤魔化す方法としてそのような業者は、工事代金一式と見積書に記載しています。

なので、一式と記載があった場合は、明細を必ず書いてもらうようにしましょう。

手口を知ったとしても、そのような業者を見抜き事前にそのような業者を排除するのって難しいですよね。

騙されないようにするには、信頼の出来る人に紹介してもらうのが一番かなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする